居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 27日

中庭的な住まいのすすめ

f0053164_17393277.jpg

一戸建ての住まいを考える時、やはり庭が欲しいと誰でも考えます。

南側はきれいな庭を造りたいと思ってもその庭の先には前の家の裏側(あまり見たくないもの)があって完全にきれいにすることが難しいことが多々あります。前の家のおかげで日当りが悪く植物が育たないことだってあります。
現代の都市では住宅街の過密化がかなり進んでいて、敷地に家を建てて北側に寄せて余った南側の土地が庭という従来の考え方が立ち行かなくなっているのです。

では快適に住まうためにどうするか。

むかしから存在してしていてそんなに目新しい手法ではありませんが、建物で外側を囲ってあげて中庭をつくることだと思うのです。
あまり広くない住宅でも窓の外に少し庭があってその先にまた室内があるとその先まで視線がとおりますから広々感がでてきます。
完全に「ロ」の字のプランにする中庭よりも、「L」や「コ」のほうが考えやすく良いものが出来やすいです。
囲うことによって周囲からの視線をコントロールしてプライバシーを確保したり、採光がとりやすくなったり、通風にも良いです。
何よりもその中庭をきれいにして(ウッドデッキなどを敷いたり)屋外でピクニック気分で食事したりでき、生活に幅が出来ます。

要は考え方次第で、建物のまわりの土地を有効(スミズミまで)に使える庭にしたいか、建物を建てたままの余った土地のまま残すかというどちらかだと思うのです。


快適健康住宅webページ
[PR]

by matu-mitu | 2009-11-27 17:43 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matumitu.exblog.jp/tb/12391610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 焼きもの      気持ちの良い洗面所 >>