居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 09日

涼風を取り込む窓

f0053164_15194136.jpg
夏涼しく過ごすためにパッシブデザインは有効です。
その中でも南北の通風とならび、建物内部の温まってしまった空気を外部に排出する高所の排熱窓が基本です。
でも建物形状によってはそれも難しいこともあると思います。
そんな時に簡単にできるのがトップライト(天窓)です。
そんなに緻密に考えなくても開閉式のトップライトで解決できます。
夏季の日射遮蔽だけ考えておくだけです。
排熱窓といっていますが、実際の体感では冷気を取り入れている感じです。
冷気のシャワーを浴びているというか。。。
とにかく夜間に開けておくと本当に快適になります。
室内が暑くなりすぎてしまった時でもこの窓を開けるだけですぐに室温が下がります。
寝室などにトップライトをつけておけば快適な睡眠をとることができます。


[PR]

by matu-mitu | 2014-12-09 15:38 | 温熱環境 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matumitu.exblog.jp/tb/23412023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 涼風を取り込む窓2      パッシブデザインセミナー >>