居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 28日

意外と簡単な断熱リフォーム



お住いの家が冬は寒くて辛いという方は結構多いと思います。
新築後数十年経っているお宅などは断熱材があまり入っておらず、その傾向は大きくなると思います。
ただ寒いだけではなく、ヒートショックなどは健康にも重大な影響を与える恐れがあるので一考の余地はあると思います。

でも今までは断熱リフォームというのはかなり大掛かりな工事になるので確かに大変でした。
しかし最近は良い材料も出来てきましたし工期も早く簡単にできるようになってきました。

断熱リフォームにもいろいろなやり方、考え方があります。
その効果ややるべきこと、全部ではなく一部でもやる価値があるものなどを説明します。


1、まず簡単に一番効果があるのは窓に内窓をつけることです。
  リクシルでつくっているインプラスなどを今の窓にはめ込みます。
  断熱性が格段に上がり、ガラス面に結露もほぼなくなります。
  ガラス面から冷気がこなくなり快適になります。
  これにカーテンなど組み合わせればかなり高性能になります。


2、天井断熱
  天井には天井裏の空間があるのでそこに小さい穴からホースで断熱材を吹き込みます。
  新築と同じ断熱効果が見込めます。  

  もしくはリクシルやパナソニックなどで出している真空断熱パネル、30ミリ程度のパネルなので現在の天井の上から貼り付けます。
  その上から壁紙を貼って仕上げます。
  格段に断熱性能は上がります。


3、床断熱
  天井と同じく床下空間がありますので床下に潜ってホースで断熱材を吹き込みます。
  この方法は床に段差がつきません。
  新築と同じ断熱効果が見込めます。

  そのほかにもやはりリクシルやパナソニックなどで真空断熱床パネルを出しています。
  ですのでこの場合だと現在の床の上から新しい床パネルを貼っていくだけです。
  この場合は貼ったところと貼らないところで段差が多少でます。
  格段に断熱性能は上がります。


4、外壁断熱
  これを手軽にやろうとすると天井断熱で出てきたリクシルなどの真空断熱パネルを現在の内壁の上から貼る方法になります。
  その上に壁紙を貼って仕上げます。
  格段に断熱性能は上がります。


5、サッシの交換
  もう一段階上のリフォームになります。
  現在のサッシを取り外して、高性能サッシをはめ込みます。
  新築と同じ断熱性能が見込めます。
 

1〜4まででかなりの効果が見込めますので十分だと思います。
その中で工事の内容を組み合わせたり、部分的に行ったりと自分の住まいに合った方法を選択すれば良いと思います。
工事の期間がそんなにかからないので住みながらでも行うことができます。
期間が短く簡単な工事なのでコストもそんなにはかからないです。
あとは断熱工事と一緒に断熱性能に合った暖房も考えなすと更に良くなると思います。


どうでしょうか。
意外と簡単なので断熱リフォームで暖かい家が増えてくれるとうれしいので気軽にお声をかけてください。
  

[PR]

by matu-mitu | 2015-10-28 15:05 | リフォーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matumitu.exblog.jp/tb/24615760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 建前の数日後      日当たりのよい家とは >>