居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 12日

オール電化って良いのでしょうか?

f0053164_8324168.jpg

近頃はオール電化が大流行りです。
「火災の心配がなく安全なイメージ」がTVCMなどでくり返しいわれているからでしょうか。

でもちょっと待ってください。
余ってしまった深夜電力を利用するとたしかに光熱費は安くなります。でもその電気は原発でつくっていますよね。とても環境に良いとはいえません。

そしてIHクッキングヒーターのあつかいはとても難しいです。
火を使わないのでまったく安全というのがメーカーのうたい文句です。
たしかに火は使いません。
そしてキッチンが汚れにくいので掃除の頻度が減ります。
火加減のコントロールが良いので天ぷらなどの難しい料理も簡単にできてしまいます。

でも電磁波というものをわざわざ発生させて利用する機器ということを忘れているのではないでしょうか。

電磁波についてはいろいろな研究がされていて、本もたくさん出ています。
たしかに電化製品はみな電磁波を出していて気にしていたら日常生活ができなくなるということにもなってきます。
でもIHクッキングヒーターが他の電化製品と違うところは大量に電磁波を出すところと機器に近寄って利用するものということです。
例えば大量に電磁波を出す電子レンジはスイッチを入れてしまえばその場を離れてしまうのであまり電磁波の影響を受けません。(ぜんぜん問題ないというわけではありません)電磁波は発生元から距離を取れば取る程影響は少ないのです。
しかしIHクッキングヒーターは離れていたら料理ができません。
小さいお子さんが料理中に近くに寄ったらちょうど頭の位置に機器がきてしまうのです。
妊娠している方にもちょうどお腹の位置に機器があることになります。

たしかに電磁波の影響はまだ不確かなことがたくさんあるのですが、影響が確実にあるということははっきりしています。特に子どもの発育には大きな影響を与えるものということがわかっています。

料理の火は危ないですが、むかしから人間が使い慣れてきたものでもあります。
まだ扱いなれない電磁波よりも扱いなれた火を使ったほうが子どももおとなにも健康的な生活が行えるのではないかと思っています。
[PR]

by matu-mitu | 2009-05-12 09:04 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/11043880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 快適健康住宅      住まいの自然素材のこと >>