居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 10日

土間のこと

f0053164_15565830.jpg

玄関からの続きで土間についてです。

むかしの家にはかなりの確率で土間がありました。
(私の実家にもありました)
町家にはトオリニワといわれる土間があり、入り口からダイドコロまで直通で行けました。
だいたいのダイドコロは土間にありました。
しかし、いろいろ便利に使われていたはずの土間ですが何故なくなってしまったのでしょうか?

それはだんだんと住宅の中がアメリカの家みたいにきれいになっていき、便利なキッチンや
電化製品などの普及などが関係しているのではないかと思います。
生活スタイルの意識が変わってしまったんだと思います。(昔からあるものはダサイとか)

でも土間自体はなくさなくても良かったのでは?と思います。
私の家では土間の活用の仕方として

出入り口として(広々した玄関風)

接客スペースとして(靴を脱がずに応対できる)

ガーデニング材料の通路として(道路から庭に通じている)

図書室として(家中の本が保管されている)

音楽の演奏スペースとして(ピアノやバイオリン、太鼓など)

日曜大工、工作の作業スペースとして(工具や材料が置いてある)

などなどたくさんの使い道があります。
土間がわが家の中心みたいな感じです。

家はただのんびりくつろぐ空間だけではもったいない。
もっとアクティブに家の中を楽しむためにも土間は本当に有効だと思います。


快適健康住宅webページ
[PR]

by matu-mitu | 2009-06-10 16:21 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/11275226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 美しい家 200年住宅      玄関のこと >>