居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 12日

森を見て(富士山麓)

f0053164_12115268.jpg

f0053164_1212919.jpg

先日、富士山の森を見学してきました。
こちらの森は管理がきちんとされており、森の中が明るいです。
森の中に佇んでいてもたいへん気持ちがよいです。
皆伐したところには植林もされています。
しかし、この森に行く途中では植林された時のままの状態で木々が接近して立ち、くら〜い森も沢山見ました。森が死んでいます。
比べてしまうと一目瞭然なのです。
日本にはこのような死んだ森が沢山あるそうです。
この死んだ森が環境を破壊して、災害を起こしています。
森がきちんと管理されれば災害はなくなっていくでしょう。
そのためには住宅をつくる時に国産の、地元の木を使うことが重要なのです。
地元の木を積極的に使って住宅をつくることは自分たちの身の回りの住環境を整えることと直結しているのです。

快適健康住宅webページ
[PR]

by matu-mitu | 2009-08-12 12:29 | 構造 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/11718023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 家の中の「炎」      鳥の巣づくり >>