居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 28日

山の上の生活

f0053164_111494.jpg

先日の連休に北アルプス・蝶が岳に登ってきました。
そしてはじめて山小屋に泊まりました。
山小屋は山頂近くの稜線に位置します。標高は2600mくらいです。
屋根の上には太陽光パネルがたくさんのっています。
建物の裏には汲上げた水をストックするタンクがいっぱい。
そしてトイレ。2種類あってひとつはバイオマストイレ(おがくず仕様です)
もうひとつは屋外にある汲み取り型のもの。。。(妻はショックを受けていました。)
水は貴重なので風呂がないのは当たり前。
歯ブラシも歯磨き粉禁止です。
連休中だったので大変混雑していたので、寝るスペースも布団を共有したりして。。。
食事も3交代制で30分弱で食べなくては行けません。
皆さん早い早い。ごはん食べ放題なのでどんどんなくなっていきます。
食器の片付けもなるべく水を使わずにです。そして21時消灯。
朝食は5時半からです。
究極の生活がここにはありました。

それにしても山に沈む夕日、360度満天の星空、日の出そして朝日に染められた山々。
感動の連続でした。

究極の生活もかなり快適に、存分に楽しむことが出来ました。



快適健康住宅webページ
[PR]

by matu-mitu | 2009-09-28 11:36 | 環境 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/12020481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 床座(ゆかざ)の生活について      無垢の木で建てる家 >>