居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 22日

間取りの基本 〜居心地の良さ〜



居心地の良さって。

どういうことでしょう。

いろいろあるとは思いますが。。。


落ち着く。

気持ちのよい。

開放感を感じられる。

好きなものに囲まれる。

いろいろ。。。


「落ち着く」
その場にいる時に落ち着いた気持ちになれること。
まわりの状況に影響を受けないように。

具体的には、
動線(移動するところ、廊下など)で囲まないようにする。
その場所に自分がいた時にまわりを他の人が動き回ると落ち着くことができなくなります。
なるべく動線から外れたところ(途中ではなく終わりに)に部屋をつくると落ち着いた場所になります。

それと
その場にいる時の視界に動線が見えないように。
もし見えても遠くに見えるように。

動線(移動するところ)をどの位置に配置するかによって落ち着き度はかなり左右されます。

天井を少し低めにしてみても
グッと落ち着いた空間をつくることができます。


「気持ちのよい」
簡単にいうと
その場からきれいな景色が見えると気持ちがよくなります。

そとの景色だったり
庭の景色は重要なのでぜひ良い景色にしたいものです。
さらに先の景色もうまく取り入れて気持ちのよい、を増幅したいものです。

うちの景色だったり
壁に好きな絵画をかざってつくり込むのも有効です。
部屋と部屋をつなぎ合わせて奥行きをつくると広さや連続性を感じて気持ちがよくなります。


「開放感を感じられる」
窓のそとに床のつづきでウッドデッキをつくったり。(ヨコの連続性で開放感)

天井高さを高くしてあげたり。(一部を高くしてより開放感を得る)

吹き抜けで違う階とつなぎあわせてみたり。(タテの連続性で開放感)

他の部屋と可動間仕切りで仕切ったり。(ヨコの広がりを自由自在に)



その他、まだまだいろいろあります。

どうですか? 

居心地の良い住まい、つくりたくないですか?

間取りを考える時には最優先にしましょう。



[PR]

by matu-mitu | 2014-04-22 22:47 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/21867577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 九体寺(くたいじ)      篠山のさくら >>