居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 22日

山の上の生活2014

f0053164_12023735.jpg
お盆休みは久しぶりに北アルプスにて山登りです。
今回は2泊3日で山小屋泊山行。常念山脈の縦走です。

稜線上にある山小屋は気候は厳しいですが、景色は抜群です。
1泊目の山小屋は電気を自家発電でまかなっています。
水は数百メートル下からポンプアップ。
トイレはバイオトイレです。
槍ヶ岳や穂高連峰などのほうにはテラスが設けられていて絶景を楽しめます。
昼過ぎには山小屋に到着しましたが、気温が低いので汗が冷えるとダウンジャケットを着なければいられません。
f0053164_12023216.jpg
f0053164_12023978.jpg
標高2500m超の山から山への稜線歩きなので気持ちがよく、雨が断続的に降っている中でも快適に歩けます。
途中には大好きな高山植物、コマクサがそこかしこに見られ目の保養にもなります。
f0053164_12023608.jpg

f0053164_12023494.jpg
2泊目の山小屋はかなり人気のところでちょっとしたホテルのような雰囲気さえあります。
収容人数もかなりなものがあり寝室はカプセルホテル風の大部屋になっています。
寝る専用の部屋なので天井も低いです。
でも談話室やオープンな食堂などが充実しておりかなり快適です。
こちらには喫茶室もあり、おいしいケーキやオリジナルワインなどいろいろ楽しめます。
山ごはんも美味しく、ごはんみそ汁お変わり自由です。
真夏のまっただ中のこの日でも全館ストーブがついていて半袖でも過ごすことができました。
こちらも自家発電。
水は数百メートル下からポンプアップ。
バイオトイレ。
快適過ぎて寝室以外は下界の旅館に宿泊している錯覚に陥ります。

山頂を踏めたのは大天井岳(2922m)。
高低差1599m。
総歩行距離23.6km。





[PR]

by matu-mitu | 2014-08-22 10:01 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/22781164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< スケルトンリフォーム      高気密高断熱住宅の落とし穴 >>