居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 24日

住まいの中の土間

f0053164_13530409.jpg
このブログでも土間のことは何度か書いていますが、今回もまたこのテーマで少し書こうと思います。

いま現在計画中の住宅でも土間を採用することになりました。
土間の良いところは床が低くなって地面が近くなることで屋外に出やすくなったり目線が屋外に近くなってより自然を感じられるところにあります。
京都のとある老舗旅館にも和室の一角に小さい板張りの土間が一段下がってあって庭をより近く感じながら眺める場所になっています。

計画中の土間はコンパクトなリビングダイニングキッチンがそっくり全部土間になっています。
そして連続して一段上がった床に寝室、浴室などの水回りがあります。
ですのでほとんどの日常生活は土間で行うことになります。

こちらの家は犬を飼われているので犬と人の境界線をどこにするかを考えられて、いっそうのこと居住空間全部土間にしてしまおうということになりました。
思い切ったことで部屋の空間自体がスッキリとして変に狭く感じたりしなくなったと思っています。
犬と人が一緒の空間に暮らすわけなので少しハードな使い方になると思います。
でも床が貼ってある別の空間が存在しているだけで気持ちに余裕ができて居心地がよく感じられそうです。
蓄熱式の床暖房を土間や連続する床に埋め込む予定なので部屋全体が足元から暖かくなります。

もう少しすると工事に入ることができるので、どんな住まいになるのか今から楽しみにしています。

※上の写真は私の住まいのものですが、この土間にも大型犬が住んでいてたまにはしゃいで隅から隅まで走り回っています。

[PR]

by matu-mitu | 2015-05-24 14:25 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/24047211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 設計事務所の住まいづくり      長期優良住宅の認定 >>