居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 02日

リフォームでしっかり断熱&安らぎ遮音

f0053164_11373944.jpg
f0053164_11374167.jpg
f0053164_11374307.jpg
昨年行った住宅リフォームの施工写真です。
外回りはあまり変えずに中の間取りをかなり変えました。
内部から壁はすべて剥がしましたので天井、壁、床に断熱補強をしています。
壁は柱の間に白い布を貼ってところどころ穴を開けセルローズファイバー(新聞紙を砕いたもの)という断熱材をスキマなく吹き込みます。

建主さんは出来上がった後すぐに、前よりも暖かくなったと実感されていました。
冷暖房費用もだいぶ違ってくると思います。
それとこの家は一部の部屋で音楽関係の教室も開いているので住居部分との遮音という課題がありました。
でも間仕切り壁や床にも断熱材を入れたので遮音性能もかなり上がり、音漏れが気にならなくなりました。

このリフォームでは動線をキチンと整理した間取りにするのが一番の目的でしたが、耐震性能と断熱性能、遮音性能まで補強することができました。
このように築数十年の古い住まいでも少しの工夫と考え方次第で、より快適な生活が手に入れることができます。











[PR]

by matu-mitu | 2015-07-02 12:12 | リフォーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/24204304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 健康住宅を建てるために      久しぶりに鷹取山。 >>