居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 11日

キレイを保つデザイン/水切り

f0053164_15533209.jpg
建物のデザインというとかっこ良い外観や内観をつくることだけではありません。
新築した時だけではなく、その後もなるべく長い時間汚れない、ということも大事だと思うのです。

そこでこのデザイン。

外壁には換気などの穴がところどころ空きますが、上の写真のベントキャップには下側に小さい水切りが付いています。
最近私がよく使っているタイプのものです。
何のためについているかというと、雨水がそのまま外壁に垂れないようになっているわけです。
外壁に穴が空いているのでそこに汚れが多少付着します。
雨が降った時に雨水がこの汚れを伝って落として外壁を汚してしまうのです。
それをさせないのがこの水切りの役目です。

これがない建物は完成してすぐに汚れが目立ってきてしまいます。
外壁の材質にもよりますが、屋根がない建物などは本当にすぐ汚れてしまいます。
ですからこの小さい水切りの威力はすごいのです。
というか私は水切りがないベントキャップはもう使うことはできません。

キレイを保つデザインです。




[PR]

by matu-mitu | 2015-11-11 16:15 | 住む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/24661915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 欠陥住宅にしないために      建前の数日後 >>