居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 21日

エコな冬の過ごし方

f0053164_22462944.jpg

わたしの設計する住宅では暖房システムとしてイゼナの水蓄熱式床暖房を採用することが多いです。このシステムは日当りの良いところでは日射が床にあたるだけでどんどん蓄熱してくれます。床の下の水に蓄熱するので居住空間はほのかな暖かさが持続します。また熱源はいろいろ選べるのでいつ暖めるかなどもいろいろバリエーションがあります。

いまわたしが考えているのは昔からよく使われている太陽熱温水器を熱源にすることで直接太陽に水を温めてもらってこの温水を床下に循環させます。日照時間の多い太平洋沿岸地域ではほとんどこれだけでまかなえるのではないかと思っています。もちろん曇りや雨の日のために補助熱源は用意しておきます。

太陽光発電もよいけれど温度の低い暖房の熱にはこんなローテクの方が効率が良いと思いませんか。
[PR]

by matu-mitu | 2008-04-21 22:44 | 温熱環境 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/7895512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< エコな蛍光灯。      粗食のすすめ >>