居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 28日

エコな設計事務所

私たちは主に家づくりのお手伝いをしている設計事務所です。
その中でも地球環境に配慮した工夫や設計を心がけています。

◯ 国産材

いま日本の山が荒れています。安くて使い易い外材で家を建てる方が多いので国産の材木が売れないのだそうです。その結果、林業が廃れ山を管理する人がいなくなり山がどんどん荒れて治水能力がなくなり自然災害が多くなっています。自然災害と言ってもこれはもう人災といえます。それに近くの森で採れた材木はこれからも同じ空気を吸えるので木にとっても悪いはずがありません。親しみもわきますし。なるべく国産材を使って家を建てましょう。

f0053164_168643.jpg


◯ 在来伝統工法

私たちは鉄筋コンクリート造、鉄骨造など構造の種別にこだわらずに設計をしていますが特に力を入れているのは木造です。その構造は昔から日本の大工さんたちによって伝えられている木造在来伝統工法といわれるののです。

いま木造在来工法といわれるものは形ばかりは似ているものですが工場で材料の加工をしますので機械でできる簡単な接合部しかできません。簡単なというのは強度が弱いということです。ですから金物で強度を補ってあげなくてはいけません。

木造伝統工法は大工さんの技術の必要な接合部(仕口、継手といいます)を木を組んで作り上げます。なるべく金物に頼らない木材の本来の強さを活かしながらつくるのです。この大工さんの仕事を工場の機械がどんどん取っていってしまってますから大工さんが減っています。若い大工さんが育ちません。これから将来、昔から続いている日本の家のすばらしい強度、大工の高度な技を維持していく為にも木造在来伝統工法で家づくりをすることは大切なことなのです。

◯ 省エネルギー

省エネルギーといってもいろいろレベルがあると思います。
なるべくエネルギーは使わない方が良いです。
特に冷暖房などはかぎりなくゼロに近づけられると思っています。家の断熱はこれでもかというくらいしっかり施します。
冬は太陽熱がふんだんにありますからこれを利用します。
夏は断熱と通風環境を整えてあげればかなりいけます。

電化製品がたくさんありますから電気の消費も相当なものです。ちょっとの便利を考え直して手間を楽しみながら生活すると電化製品もずいぶんとなくなるのではないかと思っています。
近い将来太陽光発電で電気自動車を充電して走らせることができるでしょう。
それぞれの家庭でエネルギーを大量に買わなくなれば、その分生活をのんびり楽しめればが毎日が楽しくなるような気がするのですが。。。。
[PR]

by matu-mitu | 2008-04-28 12:13 | 環境 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/7943195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< わが家のやさい畑      無垢の床が好き! >>