居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 22日

学校給食ってどうなの?

f0053164_1353236.jpg

日本ではもともと牛乳を飲む習慣がなくて体がついていけないいけない人が多いそうです。(乳糖不耐症)欧米人とは体の仕組みが違うのです。

パンにも問題があります。いま ごはん離れが進んでコメをあまり食べなくなっているようですが学校給食でごはんではなくパンを出していた為に家庭の食生活が壊れたという人もいるようです。パンには砂糖も入っているし、おかずも油脂分が多くなってしまいます。子どもの生活習慣病も大変多くなっているし、このことは相当影響しています。

小麦粉が値上がりして給食費の値上げを検討している行政も多いそうですがそこまでして給食にパンを出す必要はありません。毎日お米のごはんを出していれば育ち盛りの子どもたちの健康には絶対に良いはずなのです。
[PR]

by matu-mitu | 2008-05-22 10:29 | 食べる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://matumitu.exblog.jp/tb/8158922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 「200 年住宅」について      ガーデンファーム >>