居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建物見学( 24 )


2018年 11月 14日

旧井上房一郎邸

先日高崎にある旧井上房一郎邸を見学してきました。
この建物はアントニン・レーモンドの自邸の写しと言われています。
東西が反転になっているところが大きく違っているところでそれ以外はほぼ一緒と考えて良いでしょう。

建物の中央にパティオと呼ばれるテラスがあり、ここがまさに住まいの中心になっています。
パティオがリビング、寝室ともゆるやかにつながり、気持ちの良い住まいになっています。

何はともあれ百聞は一見に如かず、です。
良い住まいには気持ちの良い雰囲気があります。これは実際に体感しないとわからないでしょう。


f0053164_18035714.jpg
f0053164_18031268.jpg


f0053164_18031099.jpg
f0053164_18040520.jpg
f0053164_18040781.jpg
f0053164_18040137.jpg







[PR]

by matu-mitu | 2018-11-14 23:09 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

中山道宿場町巡り

f0053164_16320466.jpg
f0053164_18070321.jpg
f0053164_18070221.jpg
f0053164_18070532.jpg
f0053164_18070775.jpg
f0053164_16320664.jpg
f0053164_18070946.jpg

先日中山道の古い街並みが残っている宿場町を足早に巡ってきました。
学生時代から好きな場所で旅籠に宿泊したりもしていたところです。
今回は奈良井宿、妻籠宿、馬籠宿の三カ所です。

上から4枚が奈良井宿。2枚が妻籠宿。最後が馬籠宿です。

奈良井宿は以前よりも小ぎれいになった感じ。少しつくられた感が出てきましたね。
なかなか残し方は難しいものです。

妻籠宿は初めてでしたが場所場所で見どころも多く、見せ方や保存の仕方に工夫が見られ、たいへん勉強になりました。
大好物の五平餅をいただきながらの散策でした。

馬籠宿は街並みを保存するというよりおしゃれな古民家の街並みという感じ。
意外にこんな感じで時代が進んでいく方が自然ではないか、とも感じました。良かったです。

街並みの雰囲気、建物形状は三者三様でどれも個性的で良い感じでした。
しかし、昔の街を残すというのは本当に難しい、とつくづく感じた旅でした。






[PR]

by matu-mitu | 2018-11-07 16:55 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 24日

関宿

f0053164_11251578.jpg
f0053164_11251350.jpg
f0053164_09312845.jpg
f0053164_09313439.jpg

f0053164_09313290.jpg

f0053164_09313680.jpg
f0053164_09313041.jpg



旧東海道の宿場町だった関宿です。
場所は三重県亀山市。

ただ保存されているだけではなく現在でも実際に使われている建物が多いのには驚かされます。
この日は大変暑かったのと平日ということで人通りはまばらです。

暑かったけど見る価値のある街でした。

[PR]

by matu-mitu | 2018-08-24 11:39 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 16日

吉田茂邸

f0053164_11281457.jpg
先日大磯にある旧吉田茂邸を見学して来ました。
火災で焼失した建物を復元したものになります。
元々の建物の主要な部分だけを復元しただけなので生活感は感じられませんでした。
かなり大掛かりに復元しているのですが、少し残念。
古い建物の残し方もなかなか難しいです。

[PR]

by matu-mitu | 2018-03-16 11:40 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 15日

オスカー・ニーマイヤー展

f0053164_11500389.jpg
先日、東京都現代美術館にてオスカー・ニーマイヤー展を見てきました。
ブラジルの建築家で首都ブラジリアの国民会議議事堂など主要な建築物をほとんど設計した人です。
上の写真は彼が設計した美術館なのですが、崖の上に不時着したUFOと言ったほうがしっくりくるような印象ですね。
このような斬新なデザインの建物を多数設計していてカリスマ性のある建築家です。

快適住宅サイトへ
[PR]

by matu-mitu | 2015-10-15 12:05 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 14日

赤坂迎賓館

f0053164_09092077.jpg
f0053164_09124913.jpg
先日赤坂迎賓館の前庭を公開していたので見学に行って来ました。
元々この建物は東宮御所として明治時代に建てられたものを現在は迎賓館として使われています。
明治期の建物としては初めて国宝に指定されています。
設計は片山東熊です。
戦後はいろいろな使われ方をしたみたいで国会図書館や裁判所としても使われたようです。
わかりやすいところで国の威信をかけた建物ということで屋根の上には鎧甲の武者像ものっています。
広い敷地にゆったりと配置され、明治期の圧倒的な権威を感じさせる建物でした。



[PR]

by matu-mitu | 2014-11-14 10:21 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 20日

錦帯橋

f0053164_15122674.jpg
f0053164_15122813.jpg
山口県岩国市の錦川にかかる錦帯橋です。

この写真は昨年見に行った時のものです。
江戸時代に最初に建設されたもので、現在のものは平成になってから架け替えられたものです。
木造でつくられており木の組み方も独特のものです。
向こう岸の山の頂上には岩国城が小さく見えています。
この川は昔から洪水で大変苦労していたようで、それで洪水でも流されない橋をつくるためにこのようなものに工夫しています。

ポイントは石垣でつくられた橋台。
これを強固につくることにより橋の流失を防いだようです。

それにしてもたいへん美しい橋です。


[PR]

by matu-mitu | 2014-06-20 15:24 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日

ウルトラマンのまち

f0053164_15550534.jpg
↑ ウルトラマンタロウの街路灯
f0053164_15550896.jpg
↑ ウルトラセブンの街路灯
f0053164_16052993.jpg
↑ ウルトラマンの街路灯
f0053164_16054070.jpg
ウルトラマンのまち。
祖師谷です。
商店街に立ち並ぶ街路灯はウルトラマンたち。
それぞれ特徴がありすぐにわかります。
結構な数がありますので存在感が十分あり、通りを歩くだけでも楽しくなります。


[PR]

by matu-mitu | 2014-05-29 16:24 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 25日

九体寺(くたいじ)


f0053164_21214689.jpg
f0053164_21213056.jpg
正式な名称は浄瑠璃寺です。

京都府のはずれの方にあるので、奈良市内から車で30分くらいでしょうか。

こちらには田舎みちを車でさんざん走った末にようやく到着することができました。

まず山門までのひなびた参道がとても良い感じです。

この参道の途中に手作りたくあんや梅干しが売っている無人の売店があったりします。

とてもいいです。

北にある山門を入ると正面に大きな池があり、

その左右 東に薬師如来がいる三重の塔、西に阿弥陀如来がいる本堂が配されています。

池のこちら側が現世、本堂は池の向こう側、極楽浄土ということになります。

そしておもしろいことに本堂には阿弥陀如来が9体います。

それで九体寺といわれているのです。

何故9体かといいますと。

極楽浄土には現世での行いが良かった人、悪かった人がランク付けされるそうでこれが9階級あるそうです。

なので階級ごとに担当者が存在するということなのですね。

九体寺の形態はむかしは流行ったそうですが今はほとんど残っていないそうです。

9体の像が横並びになるので、当然お堂は横長です。

ですけどもかなりこじんまりとしたスケールなので適度な大きさでとても良いです。

当日は開いていなかったのですが、正面の建具を開けると柱の間々に9体の仏像がきっちり納まります。

年に一度お盆の夜に明かりを灯してする法要で、池の向こう側から庇に隠れて見えないはずの仏像の顔が水面に映し出される

のを見ることができて極楽浄土を感じるのだそうです。

この状況ぜひ見てみたいですよね。

このお寺かなり気に入りました。




[PR]

by matu-mitu | 2014-04-25 22:58 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 24日

流れ橋

f0053164_16184024.jpg

京都の木津川にかかる流れ橋、上津屋橋です。
この流れ橋というのは橋梁が橋脚の上に置いてあるだけなので川が増水した時に橋梁が浮くため橋全体に無駄な水の圧力を逃がし橋全体が破壊されてしまうことを避けるように考えられています。
写真は昨年9月の台風の時に増水した後の現在の状態です。
見事に想定通り橋脚は残っています。
左側にあるのが流された床板です。
橋としてはかなりシンプルな構造で欄干などはありません。
橋の長さは350メートルを超えるそうです。
橋を渡ることを想像してワクワクしていったのですが、渡ることができなくてたいへん残念でした。


[PR]

by matu-mitu | 2014-02-24 17:57 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)