居心地のよい住まい

matumitu.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 14日

旧井上房一郎邸

先日高崎にある旧井上房一郎邸を見学してきました。
この建物はアントニン・レーモンドの自邸の写しと言われています。
東西が反転になっているところが大きく違っているところでそれ以外はほぼ一緒と考えて良いでしょう。

建物の中央にパティオと呼ばれるテラスがあり、ここがまさに住まいの中心になっています。
パティオがリビング、寝室ともゆるやかにつながり、気持ちの良い住まいになっています。

何はともあれ百聞は一見に如かず、です。
良い住まいには気持ちの良い雰囲気があります。これは実際に体感しないとわからないでしょう。


f0053164_18035714.jpg
f0053164_18031268.jpg


f0053164_18031099.jpg
f0053164_18040520.jpg
f0053164_18040781.jpg
f0053164_18040137.jpg







[PR]

by matu-mitu | 2018-11-14 23:09 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

中山道宿場町巡り

f0053164_16320466.jpg
f0053164_18070321.jpg
f0053164_18070221.jpg
f0053164_18070532.jpg
f0053164_18070775.jpg
f0053164_16320664.jpg
f0053164_18070946.jpg

先日中山道の古い街並みが残っている宿場町を足早に巡ってきました。
学生時代から好きな場所で旅籠に宿泊したりもしていたところです。
今回は奈良井宿、妻籠宿、馬籠宿の三カ所です。

上から4枚が奈良井宿。2枚が妻籠宿。最後が馬籠宿です。

奈良井宿は以前よりも小ぎれいになった感じ。少しつくられた感が出てきましたね。
なかなか残し方は難しいものです。

妻籠宿は初めてでしたが場所場所で見どころも多く、見せ方や保存の仕方に工夫が見られ、たいへん勉強になりました。
大好物の五平餅をいただきながらの散策でした。

馬籠宿は街並みを保存するというよりおしゃれな古民家の街並みという感じ。
意外にこんな感じで時代が進んでいく方が自然ではないか、とも感じました。良かったです。

街並みの雰囲気、建物形状は三者三様でどれも個性的で良い感じでした。
しかし、昔の街を残すというのは本当に難しい、とつくづく感じた旅でした。






[PR]

by matu-mitu | 2018-11-07 16:55 | 建物見学 | Trackback | Comments(0)